指導理念

「フットサルはサッカーの入り口」と言われております。欧米では育成年代においてフットサルや少人数制のサッカーが主に用いられています。フットサルで学ぶ技術や戦術は、サッカーにも応用が利きます。

フットサル、サッカー選手に必要な要素としてもちろん、技術もありますが、認知・決断・判断という要素が非常に重要になってきます。これらは日本人が苦手な分野とされ、足元の技術は高いけど試合では通用しないと言われることもしばしばあります。


フットサルは狭いスペースで、早い判断力が求められます。

そのためには多くの情報を視覚で認知する必要があります。狭いスペースでのボールコントロールもさることながら、育成年代でフットサルに触れることはこのような能力を養う上でも重要です。


フットサルは攻守の切り替えが早いスポーツです。5対5という少人数の中で、試合を行うので一人でも守備をさぼれば失点につながり、一人でも攻撃をさぼれば得点を奪うことは難しくなります。全員で攻めて全員で守る。そういったゲームの中で、より多くの得点に絡むことは子供たちの「意欲」につながりますし、全員で守るということを通して、守備の意識を高めることになります。

特に守備においては当クラブでも細かく指導をして、1対1の守備、マークの原則、カバーリングなど、子供たちのうちに学ばなければならないことをしっかり学んでいきます。


私たちは育成年代にはどのような指導がいいのかを日々研究しながら、子供たちが楽しくフットサルをする環境を用意できるよう努めております。

その中で、「自ら考え、判断し、行動をする」そんな選手に育ってほしいと願っています。そのためのヒントや方法論を伝えていくことが、この年代に最も必要なことだと考えています。

今現時点での成功ではなく、子供たちの成長を通して、将来成功できる選手、人間に育ってくれるよう指導をしています。


卒業生は、Fリーグの下部組織でフットサルを続けているもの、高校のフットサル部に所属しているもの、高校サッカー部に在籍しているものなど、チームでの経験を生かしてそれぞれの道で頑張っています。


当クラブでは、小学生~中学生を育成年代ととらえ、フットサルを通じて様々な個人スキル、グループスキルの向上を目指します。
高校生年代に上がるときに、サッカーかフットサルを選択できるような指導をしています。