U15練習 「ローテーション」

昨日のU15の練習では、新しいローテーションのトレーニングを通してパスやトラップの練習を行いました。


ローテーションは、3人や4人が連動して動き、スペースを創造しながらボールと人が動く戦術で、いくつかのパターンがあります。

今回やったのは4人で「ジャゴナウ」という戦術を利用してのローテーションでした。

4人がボックスの形になり、縦の二人のポジションの移動と、抜ける選手の「折れる」動きにより斜めのパスを引き出します。

ローテーションはあくまでもボールを保持する戦術で、そこで生まれたスペースや相手の穴をつき、ゴールに向かう仕掛けをします。


昨日のトレーニングでは、ローテーションの形の習得から、そこからの仕掛けのポイントを学び、DFをシャドウでつけてのトレーニング、最後は条件付きのゲームを行いました。なかなかすぐにはできないものですが、それがトレーニングなので問題ありません。


育成年代で多くのローテーションを学ぶことは大事ですので、こういったトレーニングを通じて戦術的理解を深めるとともに、パスやトラップとして技術の向上を目指しています。


中学生年代でフットサルに取り組みたい選手はぜひお越しください。

毎週火曜日、木曜日、19:15分~20時45分で活動しています。

club@ffcestrela.net まで。



FFCエストレーラ川口インファンチウ

埼玉県川口市で活動する、小学生から高校生までのフットサルクラブチームです。「インファンチウ」はポルトガル語で育成年代を指します。小学3年生から中学3年生までをフットサルの育成年代と位置づけ、個人技術、個人戦術、グループ戦術、チーム戦術と年代に合わせて育成していきます。U15年代までは子供たちが将来サッカーにもフットサルにも通用する技術の習得を目指しています。

0コメント

  • 1000 / 1000