第11回COPA BRASIL KIDS FUTSALに参加

11月19日、味の素スタジアムで行われました第11回COPA BRASIL KIDS FUTSALに参加しました。朝は雨が降っていましたが、昼前には止んだので良かったです。

試合結果です

予選
 FC小田原 2-2
T3JAPAN 0-1

第1試合は立ち上がりからずっとペースを握りながらもゴールが奪えず、先制するも追いつかれさらに逆転をされました。残り30秒で追いつき何とか引き分け。
第2試合は、4点差以上で勝てばグループ1位になるという試合でしたがカウンターで1点を奪われ、最後まで攻め続けるもゴールが奪えず敗退、グループ3位となりました。

3位トーナメント

 プリマベーラFC U11  2-0
KOMINE FC  1-3
CFFC プリメーロ 0-2

最終順位は20位(32チーム参加)でした。


大会全体としてみれば、練習で取り組んでいることが試合に出るようになっているものの、あと一歩が届かないというところが試合の勝敗につながっていると思います。
その細かなところを詰めることに、一番大事なところ。それが勝負に対する気持ちの部分。
技術、戦術とともにそういったところも徐々に成長していってほしいですね。


今日はこんな話をしました。
「フットサルをやらせてもらって、ユニフォームを買ってもらって、雨なのに試合にこんなにたくさんの応援に来てくれて、そういった両親のおかげでフットサルができている。対戦相手がいて、審判がいて、こんな大きな会場でフットサルができて。それらすべてを当たり前と思ってはいけない。
だからこそ、一つ一つのプレー、1試合1試合の勝負にもっとこだわる。この1プレーが君たちの人生に大きく影響するかもしれない。そのぐらいの気持ちをもってプレーをしてほしい」


子供たちに響いたかどうか、また明日から練習を頑張りましょう。

FFCエストレーラ川口インファンチウ

埼玉県川口市で活動する、小学生から高校生までのフットサルクラブチームです。「インファンチウ」はポルトガル語で育成年代を指します。小学3年生から中学3年生までをフットサルの育成年代と位置づけ、個人技術、個人戦術、グループ戦術、チーム戦術と年代に合わせて育成していきます。U15年代までは子供たちが将来サッカーにもフットサルにも通用する技術の習得を目指しています。

0コメント

  • 1000 / 1000